COVID-19に関するお知らせ

保護者各位

いつも本校の教育活動にご理解とご協力を賜り、感謝申し上げます。

ご承知の通り、新型コロナウイルス感染症につきましては、依然として感染拡大が懸念されており、京都府下の学校も含めて様々な地域の学校が臨時休校を余儀なくされております。

このような状況下にあり、保護者の皆さまにおかれましては、より一層日々のお子様の健康観察をしっかりと行っていただき、どのような症状も見逃さないようお願いいたします。熱やだるさなど、インフルエンザのような症状が出た場合には、お子様を登校させることのないようご協力願います。お子様ご自身だけでなく、同居のご家族や長時間ご一緒に過ごされた方の中にインフルエンザのような症状が見られる場合にも、お子様を登校させず、自宅待機いただきますようお願いいたしますお子様ご自身や同居のご家族がPCR検査を受けられる場合には、検査結果が陰性と判明するまでお子様を登校させることのないよう、併せてお願いいたします。

現時点では、本校生徒や教職員の中に当該感染症の陽性者はおりませんが、感染が発生した場合に備え、既に保健所や新型コロナ医療相談センターなどに助言や指示を仰いでおります。文部科学省のガイドラインでは、学校内で感染者が発生した場合には、1~3日程度の臨時休校とすることが一般的であるとされています。本校で当該感染症の感染が発生し、保健所などと相談の上臨時休校する場合には、オンライン授業に切り替わることになります。そのような場合に備え、保護者の皆さまにおかれましては、お子様のためにインターネット環境やコンピューターなどをご準備いただきますよう改めてお願い申し上げます。

京都府や近隣の府県における感染者数の増加に伴い、いつ誰が「濃厚接触者」になってもおかしくない状況となっています。もしお子様の身近な方が当該感染症の陽性者になり、お子様が濃厚接触者に該当する場合には、①居住地を管轄する保健所の指示を仰ぐと共に、②速やかに本校にご報告願います。なお、本校で濃厚接触者に該当した生徒数名につきましては、保健所の指示に従い、直ちに2週間の自宅待機(出席停止)措置を開始しております。(陽性者との最終接触日から起算して原則2週間となります。)

また、最後に1点お願いがございます。感染者や濃厚接触者のプライバシー保護にご配慮いただきますよう、ご家庭でもお子様にお話し願います。文部科学省のガイドラインにも、「感染者や濃厚接触者である児童生徒やその家族等が、差別・偏見・いじめ・誹謗中傷などの対象にならぬよう、十分な配慮・注意が必要」とありますが、感染を責める雰囲気が広がると、医療機関での受診が遅れたり、感染を隠したりすることにもつながりかねず、学校内での感染の拡大につながり得ますので、十分な配慮をお願いいたします。

本校におきましては今後も感染状況の把握に努める所存です。保護者の皆さまにおかれましても、引き続きご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

KIUアカデミー校長

アロウド・シモエス

 

 

日本語