新キャンパス移転へ向けての取り組みに関して

立春の候、保護者の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。本校の教育活動に対する、日頃のご理解・ご協力に感謝申し上げます。

さて、この度、私どもの京田辺エリアにおける新たな学校用地の取得に関する取組みについて、ご報告いたします。現在、A校舎とB校舎が立っている土地は借地であり、契約の更新ができないことになっています。そのため、私たちは何年にも渡って新たな移転地を探してまいりました。以下に、その進捗状況をお知らせいたします。また今後、新たな展開がありました際は、保護者の皆様ならびにKIUアカデミーのご支援者の皆様にご報告申し上げます。

2月1日(金)、KIUは新田辺駅から北へ400mの場所に位置する土地の不動産の購入を申し込みました。これは土地購入・開発(造成)・移転という長いプロセスのほんの第一歩に過ぎません。このプロセスが完了するまでには、以下のような段階を経る必要があります。

今後のプロセス:

  1. 土地売買契約
  2. 京都府文教課への計画提出・届出
  3. 京都府からの開発許可
  4. 銀行からの融資正式決定
  5. 建設許可

土地の購入が完了するための正式な許可取得に1年近くを要すると考えています。また、新しい校舎の設計はこれからですが、より広い教室と体育館を作ることを目標としています。

この計画を進めるにあたって、土地開発(造成)、コンクリート施工、グリーンエネルギー(環境にやさしいエネルギー)に関するアドバイスをくださる専門家の方を探しております。保護者の皆様、またはお知り合いの中で、どなたかご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ブロックソムまでお知らせください。ぜひお話を伺う場を設けさせていただきたく思います。

前途にはまだまだ多くの課題が残されています。皆様からのお祈り、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

京都インターナショナルユニバーシティー

学長 ピーター・ブロックソム

日本語